インプレッション

Come Clarity

In Flamesの通算8作目フルレンス。
前2作(Reroute To Remain、Soundtrack To Your Escape)の
モダンというかアメリカナイズされた作風に
疑問点を感じずにはいられなかったので(決して嫌いではないが)
今作も発売前は「一応買っておくか」程度で大して期待はしていなかった。
だが実際聴いてみると予想外も予想外、
「これぞメロデス!」とガッツポーズしたくなるほど
素晴らしいアルバムではないか。
それも初期に戻ったわけではなく、近作のモダンな要素も取り込みつつ
In Flamesのトレードマークである叙情的なリードギターと
巧く融合させている。
あとブルータルに疾走する楽曲が多いのでデスラッシュっぽい雰囲気もあるかな。
楽曲個々の個性、という意味では【Colony】には及ばないものの
総合的な完成度では【Colony】に匹敵するか、凌駕してさえいるかもしれない。
どの曲も完成度が高いが、個人的に特に好きなのがDead EndVersus TerminusOur Infinite StruggleVanishing Lightといった辺り。
メロデスというジャンルのキモである「メロディとアグレッションの配合」のバランスが
最もよく取れているアルバムの一つだと思う。名盤。
今年はこれを超えるアルバムは出てくるのだろうか・・・?
そう思わせるくらい完璧に近い作品。

イベント・ライブレポ

間隔が開きましたが2日目レポ行きますw
某徹カラからビッグサイトに直行。
東京駅に荷物預けたりしてたので到着が少し遅れてAM6:50くらいに。
2日目ですから”当然”西に並びます。
1日目と同じく某集団メンバーと合流。
で開場後は真っ先にMaple LeafにGO。
月追いの都市とDiorama-Shade各3枚ずつはさすがに重かったですw
その後両隣の少女病とMintJamを確保し壁から島へ。
いつも通りどれも大して並ばずに買えましたが
VAGRANCYだけは結構な列になってましたねぇ・・・
ってか列の捌けが良くなかった希ガス。
あと来ないって言ってたのにmilktubにSHIHOさんが来てたのには驚いたwww
僕が買った直後にSHIHOさんが売り子始めたので
またもやちょwwwおまwwwwwwwって感じでしたよw
そんなこんなで1時くらいには買い物終了。
BlackTide†さん&radeさんと合流→BRACE;dのイベントへ。
・・・といっても僕は外から眺めてるだけでしたけどねw
何せもう1円も使えない状況になってましたからorz
その後イタイガースメンバーと合流してねこねこのジャンケン大会へ。
この辺から徹夜疲れやら眠気やらで体調がヤバいことになってましたw
ジャンケン大会の最中、本気で倒れるんじゃないかと思いましたからね・・・
何とか気力で持ちこたえましたが。
その後は忘年会。
↑に書いたとおり体調がヤバかったので殆ど話も出来ない状態でしたが・・・
次回は万全の体調で臨みます。
年末のため飲み屋の2時間ルール発動で大体PM9:00頃にお開き。
記念撮影後解散とw
初日のAM4:00に家を出てから次に帰ったのが
2日目のPM11:00と超強行日程でしたが
夏に続き大人数のオフで楽しかったです。
イタイガースメンバーの皆様&オフってくれた皆様、
どうもありがとうございました&次回もよろしくお願いいたします。
最後に2日目の戦利品。
・tieLeaf / 月追いの都市
・Barbarian on the groove / Diorama-Shade
・MintJam / 4th GIG #Decide
・G5 Project / G5 Project
・少女病 / Real
・XL Project / RESIST
・XL Project / 東方小曲集-唯我独尊-
・APPLE project / APPLE Leaf
・みずさわゆうき / 影法師
・VAGRANCY / Wisteria