Author Archives: ふぇいと

[Concert] 名古屋ゲームミュージックアンサンブル 第2回演奏会 (2014.06.08)

NGME_01
名古屋ゲームミュージックアンサンブルの第2回演奏会を観てきました。

Continue Reading

[Live] 下村陽子 25th Anniversary LIVE -THANKS!- (2014.02.10)

下村陽子 25th Anniversary LIVE -THANKS!-
下村陽子さんの作曲家25周年を記念したライヴを観てきました.

Continue Reading

[Live] Japan Game Music Festival 2013 day 2 [2013.06.30 @ Zepp Tokyo]

Japan Game Music Festival 2013 2日目の感想です。

Continue Reading

[Live] Japan Game Music Festival 2013 day 1 [2013.06.29 @ Zepp Tokyo]

写真 2013-06-30 23 35 59
行ってまいりましたJapan Game Music Festival 2013
90年代初頭のゲームミュージックフェスティバルは自分がゲームミュージックにハマりだした頃には既に終わっており行けず。
「ゲーム音楽フェスをまたやってほしい!」と前々から思っていた身としてはこのフェスはまさに「やってほしかったライヴ」そのもの。
そんな思いもあって当日をめっちゃ楽しみにしてました。
メンツ的にも僕にとっての神であるイトケンさん率いるThe Musicolorsはじめ観たいバンドばかりだし。

Continue Reading

[Live] Kamelot SILVERTHORN TOUR IN JAPAN 2013 @ Nagoya CLUB QUATTRO

Kamelotの来日公演名古屋に行ってきました.

Kamelot初体験でとっても楽しみにしてましたがいやー凄いライヴだった!
演奏陣はさすがの安定度.
新Vo. Tommy Karevikのパフォーマンスも歌唱は凄まじく安定しているし盛り上げ方も上手いしで言うことなし.
もともとKhanと声質が近いのもあり昔の曲も全く違和感なしですね.

序盤はPoetry For The PoisonedGhost Operaの曲メインで,
聴き込みの足りないところもあり曲を思い出しながら,な感じだったけど
名曲”Center Of The Universe“を皮切りに過去の名曲を連発しだしてからは興奮しっぱなしだった!
極めつけが本編ラスト~アンコールの”Forever“~”Karma“と”March of Mephist“.
まさかKarmaまでやってくれるとは…Kamelotで一番好きな曲だけに感無量.
新譜Silverthornの曲も多く聴けてたいへん美味しいセトリでございました.

ゲストVo.のAlissa White-Gluz(The Agonist)のパフォーマンスもすごく良かったですね.
March of Mephistとかでグロウルも交えつつTommyと良いコンビになってました.

あとはCasey Grilloのドラムソロを生で聴けたのも素晴らしかった.
One Cold Winter’s Nightで聴いてSUGEEEEEEEEEE!と思いましたが生で見るとやっぱり全然違いますね.ハァハァ
Oliver PalotaiのキーボードソロもTHE 様式美な感じでとても良かった.

Khanが抜けて今後が心配されたKamelotですが今回のライヴを観て大丈夫だ,と確信しましたね.
Silverthornも良いアルバムだったし今後はTommyの色を出した曲にも期待したい.
でライヴもまた観たいのでそう遠くないうちに来て欲しいなぁ.

[Setlist]
01. Rule The World
02. Ghost Opera
03. The Great Pandemonium
04. Veritas
05. Center Of The Universe
06. The Human Stain
07. Song For Jolee
08. When The Lights Are Down
09. Sacrimony (Angel Of Afterlife)
10. Season’s End
11. Forever
–encore
12. Karma
13. Torn
14. March Of Mephisto

[Live] 志方あきこコンサート2013 ライラニア-白と黒の歌姫- (2013.03.24)

志方あきこさんのコンサートライラニア-白と黒の歌姫-に行ってきました.

実は志方さんは「廃墟と楽園」の頃から聴いていたもののライヴを観るのは今回が初.
(そんなツイートをしたらいろんな人に「意外」と言われましたが…w)
チケットが毎回わりと争奪戦になっていたりタイミングが合わなかったりで行きたくてもなかなか行けなかったんですよね.
なので今回ついに観ることができてものすごーく楽しみにしてました.

実際に体感した生志方さんは…想像以上に「凄かった」!
【廃墟と楽園】を初めて聴いた時に,声の表現力とその幅が凄いと圧倒されましたが
ライヴだとその凄さをより実感.
ソプラノの美しい歌声から力強いヴォイスまで重厚なヴォーカルワークで紡がれる幻想世界にただただ圧倒されるばかり.
まさに公演コンセプトの「白と黒の歌姫」のような,声自体に魔力というか不思議な力がある感じ.
楽器陣の演奏もすごい安定感.
特にドラム/パーカスが凄かったですね.
民族音楽のキモであるリズムの躍動感を存分に味わえた.
あとはいろんな民族撥弦楽器を拝めたのも志方さんのライヴならではな感じで興味深かった.
ブズーキかわいいよブズーキ.

白の歌姫と黒の歌姫の歌対決,というコンセプトから前半が比較的ゆったりめな曲を集めた白の歌姫パート,
後半が民族調全開だったりアグレッシヴな曲を集めた黒の歌姫パートとコントラストを持たせた構成.
前半は志方さんの優しい歌に聴き入りつつ後半はアグレッシヴなリズムの渦に乗っかる感じでどちらもとっても楽しかった.
申し訳ないことにシェルノサージュとか最近の曲で追えてない曲が結構あるので
知らない曲も多かったですがそれでも十二分に楽しめました.早くCD買わないと.

新曲もちらほら散りばめられつつ.
特に”晴れすぎた空の下で”の続編として作られたという”雨姫様(仮)”は良かった.
こういうストーリー的なつながりは幻想音楽ならではですよな.

個人的に意外だったのが公式グッズとしてのサイリウムの販売.
(そういうノリのライヴではないと勝手にイメージしてたので)
今回から試験的に実施とのことで,良いものは取り入れようという意思の顕れかという気もしますが
結果的には良かったんじゃないかと.
青と赤のサイリウムで会場が照らされる様はすごく綺麗だったし.
こういう節度を守った演出としてのサイリウムは良いと思います.
…ただ個人的には後半の黒の歌姫パートの民族リズムはもっと手拍子したかったなーとも思いましたがw
やっぱり民族音楽は手拍子で盛り上げるのが合うと思いますし.

歌唱と演奏自体も最高にすばらしかったし,視覚的な演出で臨場感を増したりで
ホント幸せな時間だった.ありがとうございます.
と同時に今まで行けなかったのを全力で悔やむ…次のライヴもぜひ参加したい.
最近ちょっと離れ気味だったけどやっぱり「音で世界を紡ぐ」幻想音楽は素晴らしいと再確認しました.ライヴだと特に.
久々にどっぷり浸かってみるかな.とりあえずシェルノサージュから.

01 白の歌姫パートオープニング
【白の歌姫パート】
02 翅亡キ花
03 誰ガ為ノ世界
04 フラスコの海
05 Ta Fatie
06 カササギ
07 朱隠し
08 Ahih rei-yah
09 宵闇の町
【黒の歌姫パート】
10 黒の歌姫パートオープニング
11 アラベスク
12 Thrylos -伝承-
13 Pitalacta ~陽月の舞~
14 夢の栖
15 Sorisso2013
16 晴れすぎた空の下で
17 雨姫様(仮)
18 風は遥かな明日を知る
19 終の果て
20 EXEC_over.METHOD_SUBLIMATION/.~ee wassa sos yehar
21 Harmonia
【Encore】
22 ライラニア
23 EXEC_PAJA/.#Misya extracting.

[Live] Opeth Japan Tour 2013 @ Ebisu LIQUIDROOM (2013.03.22)

Opethの東京公演観てきました.

去年チケットを紛失して参戦できないという大失態を犯したので
今回が初Opethです.
いやーもう圧倒された!
Mikaelのヴォーカルもクリーン/デスともによく出てたし,あの不条理リフをヘヴィにカッコよくキメていく演奏陣も素晴らしいの一言.
Heritageがあの作風なだけに昔の曲はあまりやらないのかな,と勝手にイメージしてたけど
過去作からもバランスよく演ってくれてセトリ的にも大満足.
Ghost Reveriesの曲が多めだったけどやっぱりライヴ映えして良いですな.
White Cluster“とか”Deliverance“も予想してなかっただけに滾り過ぎた.
(しかしリズムに乗るのが難しい曲ばかりですな…w)
あとOpethを語るに欠かせないキーボード,特にメロトロンとハモンドも存分に堪能できたのも.ハァハァ.

噂には聞いてたけどMikaelのMCも面白すぎて吹いた.
Deliverance始めるときに「very sweet song」とか言っちゃったりとかw
演奏してる時とのギャップがまたいいんですよね.

Opethで一番好きなアルバムがBlackwater Parkなので「BPから1曲来ないかなーソワソワ」と思ってたら
アンコールラストでタイトル曲!
もう全力で滾るしかなかった.

曲数的には13曲だけど(1曲が長いのもあるし)密度が凄まじく濃くてホント幸せな時間だった.
また観たい.

01 The Devil’s Orchard
02 Ghost of Perdition
03 White Cluster
04 Hope Leaves
05 Atonement
06 Deliverance
07 Hessian Peel
08 Haxprocess
09 Demon of the Fall
10 Reverie/Harlequin Forest
【Encore】
11 Heritage
12 Burden
13 Blackwater Park