Closed/Underground – “天降ノ楽音”

CLOSED/UNDERGROUNDの通販限定作品としてリリースされた片霧 烈火さんによるI’veサウンドカヴァーアルバム。
同人音楽の中でもI’veをカヴァーした作品は比較的多いですがその中でも群を抜いた完成度だと思います。
では各曲の感想をば。
01.Face of Fact
HIRさんによるアレンジなのでかなり期待してたんですがその期待以上のアレンジをやってくれましたよ。
重厚なロックとしてさらにカッコ良い曲に生まれ変わってます。
【SEVEN DEADLY SINS】の時も思いましたがHIRさんのギターはメロディアスでかつエッジが効いててホントカッコいいなぁ・・・
烈火さんお得意のモノローグもあり。
モノローグ→間奏への展開は見事としか言い様がないですね・・・
イントロとアウトロに歓声を入れてライブっぽい雰囲気を出してるのもいい演出です。
誤解を恐れずに敢えて言いましょう。原曲より好きです。
02.Princess Bride!
原曲とは異なった感じのダンスポップに仕上がってますね。
オリジナルはKOTOKOさんが可愛らしい感じで唄ってますがこちらはちょっと蓮っ葉な感じ・・・かな?(ぉ
これはこれで味がありますね。
03.FUCK ME
ボサ・ノヴァで来ましたか・・・意外や意外。
もっとダーク&ハードで行くと予想してたんですけど見事に裏切られましたね。
でもこういうお洒落な【FUCK ME】もアリかな、と思わせてくれるいいアレンジだと思います。
04.Two face
僕的にAKIさんの曲で一番好きな曲ですが。
ストリングス&ギター主体のバラードという原曲とは全く違うアレンジですね。
悲壮感たっぷりですごく好みの感じ。
間奏のギターもメロディアスで非常にイイなぁ。
05.同じ空の下で
アコースティックギターオンリーのシンプルなアレンジですな。
こーゆーアコースティックの弾き語り的な雰囲気は大好きですよええ。
メロディ・歌詞の良さは誰もが認めるところですから飾り気のない分琴線に直接触れてくるような感じがしますね・・・
アコースティックギターの音色もすごく素敵。
おしまいに。
打ち込み主体のI’veサウンドを生楽器主体のアレンジにしたのは面白いなぁ・・・と思いますた。
みなさん是非聴きましょう・・・と言いたいところですが今から入手は不可能なので悪しからず(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation