Lia – “enigmatic LIA”

2004年冬開催のC67で先行販売され、2005年1月28日のLiaさんの1st Concertでも販売された
Queens Labelからの第2弾アルバム。
ミドル~スローテンポのポップス主体だった【Prismatic】とはうって変わって全編Happy Hard Coreで統一された
ノンストップアルバムです。
01.輝〜HIKARI enigmatic mix
オープニングナンバー。
【Prismatic】のTr.01と同じ曲ですがアレンジを変えることによって全く違う雰囲気を出してますね。
Tr.01のアレンジの違いがそのまま【Prismatic】と【enigmatic LIA】の違いを表していると言っても
過言ではないでしょう。
02.NEW WORLD OMEGA FORCE mix
どちらかというとトランスに近い曲調のナンバー。
ぐいぐいと引っ張っていく感じのLiaさんのボーカルが聴いてて心地いいですね。
美しさと力強さが同居したメロディも非常に良し。
03.Farewell Song DJ Storm&Euphony remix
説明は要らないほどの名曲ですがボーカルパートのリズムを意図的に変えたりと
面白いリミックスになってますね。
最初聴いたときは違和感を感じましたがコレはコレで良さがあるなぁ・・・と次第に思えてきました。
個人的にリミックスは「いかに原曲を壊すか」が大事だと思っているので結構気に入ってます。
04.Goin’on! original mix
発売前にアルバムの特設ページでイントロが流れまくってましたね。
そのせいかどうかは分かりませんが今作の中で一番気に入ってます。
曲調、歌詞ともに聴く者に勇気を与えてくれる・・・まさに【Goin’on!】な雰囲気ですね。
Liaさんのハイトーンボイスとアップテンポなリズムが相まって非常に心地いい。
05.getting started TRUE SKOOL mix
ここから【Prismatic】収録曲のリミックスが続きます。
原曲はミディアムテンポなポップスでしたがこのアルバムの雰囲気に沿うように
テンポもアップしてしっかりハピコアな感じになってます。
正直原曲より好きかも・・・(ぉ
06.FAIRY LAND DJ ZET mix
クラブリミックスみたいな感じ・・・ですかね?(汗)
個人的には原曲の美しさが損なわれてしまっているのであまり好きではありません。
この曲はやはり原曲の流れるようなメロディが素晴らしいと思いますのでね・・・
07.あなたがいるだけで NUstyle GABBA mix
元々ミディアムバラードな曲だけにどうやってGABBAにするんだろうなぁと思っていたんですが
こう来ますか・・・少し驚きました。
好きかどうかはともかくとして面白いリミックスだと思いますよ。
ただやはり原曲の方が好きですけどね(ヲイ
08.Starting Over From the album “prismatic”
この曲は【Prismatic】よりそのまま収録・・・だと思います。多分(ぉ
何度聴いても折戸さんは凄いなぁ・・・と思わせてくれるそんな曲ですよね。
今作の中だと異色な雰囲気の曲ですけど不思議とアルバムの中で浮いてないです。
09.You Are… OMEGA FORCE mix
他の曲と違い【Prismatic】収録バージョンと極端に色が変わってるわけではないですが
ボーカルにエフェクターを掛けたりこれまた面白い試みが。
曲調としてはトランス色が若干強まってますかね?
10.SAYONARA original mix
ここから再び【Prismatic】未収録曲に。
明るい、前向きな曲が多い今作の中では珍しく陰を含んだ曲ですな。
メロディの美しさもあり曲の世界に入り込めますね。
こういう切なさを内包した曲は深みが出ますし僕はかなり好きです。
11.I’m wondering original mix
前曲に続いてどちらかというと切なさがテーマになっている曲。
Liaさんのこのタイプの曲は聴いたことがなかったので軽い衝撃を受けました。
不安定な感情が伝わってくるようなLiaさんのボーカルが素晴らしい。
12.enigmatic original mix
今作のタイトルナンバーですな。
【NEW WORLD】や【Goin’on!】と同様力強く美しい曲。
Liaさんの声の伸びが非常に心地よく響きますね〜。素敵(ぉ
13.Birthday Song,Requiem Eupho-LIA Hardcore remix
原曲の優しい雰囲気は残しつつハピコアとしてアップテンポなリミックスに。
こちらはリミックスとしては正統派な感じがしますね。
原曲と聴き比べてみるのも面白いかと。
14.Light In The Air original version
新曲。
何というか・・・構成が面白い曲ですねぇ。
前半〜中盤部ではボーカルパートとインストパートで全く違う2つの貌を見せてくれますが
その2つの貌がラストで融合するという・・・
こういう単純じゃない構成の曲って大好きなのでこの曲もかなり気に入っております。
メロディも今アルバム収録曲の中で一番じゃないかと思うほど綺麗ですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation