Rita – “memoire~めもわぁる~”

2005年4月6日リリース。
【moment-もぉめんと-】と同時リリースですがこちらはRitaさんのソロワークス楽曲のコンピレーションアルバムです。
Blueberrry&Yogurtの楽曲とはまた違った雰囲気の楽曲が収められています。
01.きっとずっと
Ritaさんの商業デビュー曲ですね。
かなり前の曲ですし歌い方も声の質も今とはかなり違いますが歌詞もメロディもストレートでいい曲です。
02.breath
Tr.01とはうって変わってギターの音を前に出したロック色の濃い曲。
そういえばRitaさんの曲ってロック系統の曲が少ないですね・・・
僕はロックスキーなのでこの曲も当然大好きですし今後この系統の曲が増えるといいなぁ・・・と
密かに思ってたりしますがw
03.銀の雫
いわゆる幻想音楽ですね。
こういう楽曲の世界観にどっぷり浸かれる曲は非常に好きです。
バックのストリングスとゆったりしたメロディラインが心地よいですな。
04.旅人の詩〜Rita Ver.〜
シンプルなピアノバラードですね。
語りかける感じのボーカルが凄くツボ。
ストリングスの音色もいい味を出していると思います。
05.魔法のチカラ
パワーのある曲ですねぇ。
疾走感のあるリズム、メロディがとにかく良い。
聴いてると自然と気分が盛り上がって来ます。
06.二影
優しい雰囲気が何とも言えない感じのミディアムバラード。
この曲も幻想色が濃くて僕的にはツボですわ。
07.響声-votum-
Ritaさんのコーラスっぽい歌い方が印象的な曲。
宗教的なテーマを扱っており歌詞が深いのも僕的には◎。
08.紅詠
今アルバム中ベスト曲。
アップテンポなリズムと幻想的なボーカルがもう堪らないですね・・・最高。
こういう綺麗でかつダークな雰囲気を持っている楽曲ってメチャメチャ好きです。
サビで挿入されるストリングスも非常に良し。
09.tender feel
「田舎の町」の情景を思い起こさせるゆったり感のあるバラード。
1コーラス目のアコースティックギターの音色が素晴らしすぎる。
琴線に触れるメロディもイイですよね・・・泣けますよ。
10.El pecado
全編英語詞のアルバム内では異色の曲。
曲調もタンゴ・・・というかラテン系統で強烈なインパクトがありますね。
ただ僕は普段洋楽をメインに聴いてるため英語詞に抵抗感は全くないのでこの曲にもすんなり入れました。
感想で挿入されるスペイン語のコーラスやギターやピアノのソロもいい味出してますね〜。
11.Fairly Tail
タイトル通りおとぎ話っぽい感じの楽曲。
サウンド、ボーカルともに浮遊感があって素敵な雰囲気を醸し出してますね。
特にサビのメロディは大好き。
以上11曲ー。
【moment-もぉめんと-】がポップス主体だったのに対してこちらのアルバムは幻想色の強い楽曲が比較的多いですね。
幻想音楽好きな人には特にお勧めできるアルバムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation