Blueberry&Yogurt – “moment~もぉめんと~”

2005年4月6日リリース。
Blueberry&Yogurtのアルバム。
これまでPCゲーム主題歌としてリリースしてきた楽曲を1枚に収めたベスト盤的な意味合いの濃いアルバムです。
01.太陽
ぶるよぐの代表曲っすね。
タイトル通り太陽の暖かな日差しを思わせる柔らかな雰囲気が堪らない曲です。
メロディラインも非常にポップでつい口ずさんでしまいますな。
ゲームVerと違い前奏ナシVerになってますがこの入り方の方が僕は好きですね。
02.笑顔の通り道
爽やかさ全開のポップソング。
バックで鳴ってるスティールギターの音が非常にツボ。
03.夏の音
読み方は「ナツノオト」なので気を付けましょうw
これまた爽やかな雰囲気が何とも言えないサマーポップ。
こういう憂いを秘めた夏のイメージっていいですよね〜。
高音部のVo.が聴いててすごく心地良いです。
04.まちあわせ
ここまで爽やか系のポップソングが続きますね。
この曲も耳に残るメロディが何とも言えず。
ちょっと切なさを醸し出してるのも良いですな〜。
05.Jump!
とにかく前を向いたポジティブな曲ですね。
まさに応援歌という感じで気合いを入れる時によく聴きます。
06.Destiny
ここまでの曲に比べると比較的落ち着いた曲。
この辺で一つクールダウンということでRitaさんの歌に聴き惚れましょう。
サビの詞が凄くいいと個人的には思います。
07.ボクはキミのために
テーマが「自己犠牲」という重めのものであるせいかアルバム中では少々異色の曲。
爽やか路線の曲もいいですがこういうダークさを醸し出している曲もイイですねぇ。
歌詞も痛みが伝わってきて琴線に触れるものが。
08.Sincere
名曲中の名曲。
ポップでありながらもの悲しいメロディ、哀愁感漂うギター、鈍い痛みを憶える歌詞・・・全てが最高です。
最初に聴いたのはGWAVE2004 1stででしたがもう何度聴いたことか・・・
初聴の時の衝撃はかなりのものがありました。
文句なしにアルバム内ベスト曲。
09.扉
アルバム内でも特にストーリー性が高い曲ですね。
ゆったりしたバラードの曲調と相まって歌の世界観に入り込めます。
10.Fericita
【Sincere】とは対照的に希望を強く感じさせる曲ですね。
曲調的にはゆったりとしたポップスでこちらもなかなか素敵な曲です。
11.コイノニア
シンプルな構成なだけにメロディラインの素晴らしさが光る曲。
歌詞も非常にイイですし聴いた後に思わずホロリと来てしまいますね・・・
あとこの曲はベースも結構好きだったりします。
12.またね
【Jump!】と並んでひたすらポジティブな応援歌ですね。
歌詞のテーマになっている「熱き友情」というのはかなり好きだったりしますw
聴いてると自然と勇気が湧いてくる曲です。
13.しあわせのみつけかた
Ritaさんの書かれる歌詞は全体的に好きなんですがその中でもこの曲の歌詞は群を抜いて好きですね。
些細な日常にこそ本当の幸せがある」という僕の持論にピッタリハマってますからね・・・
メロディもそうですがリズム・テンポもとても心地よくてTr.08に次いで好きな曲です。
14.La-La-Ru
最後はゆったりしたバラードで締め。
アルバムを通して聴き終わった後に余韻に浸れるのが何とも言えず。
以上14曲。
正直に言うと各楽曲が使用されているゲームは殆どやってないんですが(ヲイ
それでも十分に楽しめますしいいアルバムだと思いますよ。
ポップス好きな人には特にお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation