Asriel – “夢の繭紡ぐ盲目の輪舞”

01.螺旋回廊
02.雪月花
03.夢纏の繭
04.朦朧の森の林檎
05.ゲルゲの舞踏
06.スカーレット
07.煌く星空を遮る瞼
08.Retour
09.bonus track


2007年春のM3でリリースされたAsrielさんの4th Album。
ゴシカルというか耽美な美しさを湛えたロック/ポップスを身上とするサークルさんですが、
「夢」をテーマに据えた今作は従来路線を踏襲しつつ新機軸にも挑戦した意欲作になってますね。
和のテイストを絶妙に盛り込んだ美しき耽美ロック”雪月花“、
儚さともの悲しさに彩られたオーケストレーション、メロディが胸を打つ”夢纏の繭“、
ゴシカルな妖しさに包まれた雰囲気がツボ過ぎる”ゲルゲの舞踏
といった従来路線の楽曲はより完成度を増し、
ポップなヴォーカル・ラインが耳を惹く”朦朧の森の林檎“、”スカーレット“といった新機軸の曲も聴き応え十分。
↑の2曲はポップな中にもAsrielさんらしい耽美性や美しさが十二分に体現されており、従来路線の楽曲との調和も見事。
アルバム全体としての統一感を全く損なわずに音楽的な幅を広げることに成功しています。
ある種画一的な楽曲が並ぶ形だった前作と比べ、楽曲のバラエティが豊かになったことにより
何度聴いても飽きが来ない好盤に仕上がったと言えるんじゃないでしょうかね。
サウンド・プロダクションもより良好なモノになっていますし。
特にリズム・セクションの存在感が増したのが個人的に嬉しいところです。
欲を言えばギター・パートをより強化して頂けるともっと嬉しかったりするんですが…
まぁそれは今後に期待ということで。
しかしアレですね。
楽曲の素晴らしさも勿論なんですが、何よりKOKOMIさんのVo.が凄いと感じます。
特に高音の儚さ、もの悲しさ、危うさといった雰囲気の体現が絶妙で聴いててゾクゾクするものがw
耽美さ、儚さといった雰囲気作りに一役も二役も買ってる気がしますし、
このヴォーカルこそがAsrielさんの最大の特徴のような気がしますね。
まとめますと。
バラエティ豊かな楽曲が揃ったアルバムですが、どの曲にも心に響く「透明感溢れる美しさ」がある。
そこに一番の魅力があると思います。
未聴の方には是非この美しい音楽世界に触れて頂きたい。
前作【月光蝶舞う深紅の花園】と併せて強くオススメしておきます。

-Highlight Tune-
02.雪月花
和の空気と雪の冷たさを纏って疾走する様が魅力的すぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation