REDHEAD – “Till The End Of Time”

01.The World
02.Till The End Of Time
03.Overcome
04.いとしい君よ
05.Starlight
06.寒い冬の夜に
07.WithLove*
08.二人の夏*


masaさん(Key)とTOMOさん(Vo)によるハード・ロック/ヘヴィ・メタルプロジェクトREDHEADさんの1st Mini Album。
今作にはさらにMintJamのa2cさん&Cafe Au Laitさんのスーパーギタリストお二方が参加と凄いことになってます。
ってか、僕が今作を聴いてみようと思った一番の動機がまさにa2cさんの参加なんですけどね(ぉ
大ファンなもので。
ま、それはいいとして。
楽曲の方も豪華な参加陣に負けず劣らずというかそれ以上に強力な楽曲が揃った好盤という印象です。
まさにメロパワ・アルバムの超王道の壮大なイントロ”The World“~続くa2cさんのギターがKeyと絡み合いながらリード/リズム共に縦横無尽に天を翔る
超強力メロパワ・チューン”Till The End Of Time“の時点で元メロスパー/クサメタラーとしては「これだよこれ!!」と大きく頷かずにはいられませんが、
その後もTr.02のネオクラ然としたギターとはまた違ったプレイを聴かせる
a2cさんのギターとKeyのアレンジが美味しい叙情性たっぷりの
ミドル・チューン”Overcome“、
壮大なピアノとシンセのオーケストレーション&スケール感たっぷりのサビメロが
琴線に触れまくりな泣きのバラード”いとしい君よ“、
スペーシーなKeyとCafe Au Laitさんの強烈なギターが印象的な
Tr.02とはまた違ったタイプの疾走チューン”Starlight“、
タイトル通りの冷たい空気感のあるアウトロ”寒い冬の夜に
と本編楽曲だけでも十分すぎるほどに強力ですが、
それに加えゆいこさんが歌うボーナス・トラック2曲がまたイイんですよ。
所謂「クサい」メロディ満載な本編楽曲とは違い、どちらかというと
ポップス的なキャッチーな曲でこの2曲があることによって楽曲の幅というか、
アルバムがより色彩豊かになっていると思います。
というように幅広い楽曲が揃ってますが、どの曲についても言えるのはメロディがホントにイイ!って事ですね。
TOMOさんの伸びやかに歌い上げるVo.が印象的なのもあって、
一度聴いたら忘れないし、ついつい口ずさみたくなってしまいますね。
ジャンルは色々あれど、やはり音楽のキモはメロディだというのを改めて感じました。
あと↑でギターのことばかり書いちゃいましたけど、個人的に強く印象に残ったのがKeyでした。
プロフに好きなキーボーディストってことでNightwishのTuomas Holopainenの名前を挙げておられましたが、
時にはファンタジックに壮大に、時にはスペーシーにと色々な音色で
楽曲がさらに魅力的になるような雰囲気作り、味付けをしてますし、それぞれの音色がまたイイんですよね。
特にギターと絡んでメロディを紡いでいく様はステキとしか言いようがない。
やはりメロディック・メタル/ロックにKeyは欠かせませんね。
ギター、Key以外のパートはほぼ打ち込みだと思うんですけど、
打ち込みっぽいチープさを全く感じさせないあたりも見事ですね。
音質的にも文句なしのレベルです。
まとめますと。
メロスパー/クサメタラーな方は勿論、より幅広い層にも十分に訴えかけるものがあると思います。
メロディックなロックが好きな方には強くオススメしておきます。

-Highlight Tune-
02.Till The End Of Time
いやーもうイントロのリフで勝利でしょう。
このクサさ、熱さこそがメロパワの神髄なのです。

2 Thoughts on “REDHEAD – “Till The End Of Time”

  1. こんばんは、いつもブログ拝見しています。
    CDのレビュー、ありがとうございます!
    stFateさんのようにたくさん音楽を聴いてる方に評価してもらえて光栄です。
    「前よりもよくなった」と思われるよう、今後とも精進していきたいです。
    サイトの運営大変でしょうが、頑張ってください!
    これからもいい曲をたくさん紹介してくださいね。

  2. おぉ、コメントありがとうございます!
    今回の作品、かなり気に入ってしまって相当な頻度で
    聴かせて頂いてますw
    レビューの方は何分素人の感想で的外れな部分があったら申し訳ないんですが…
    何かご参考になるところがあれば幸いです。
    新曲の方も楽しみに待っておりますので、楽曲制作がんばってください!
    当サイトでも微力ではありますが応援させていただきますので。
    その辺りを含めてサイト運営の方も頑張っていこうと思いますので、
    お時間ができた時にでも見てやって頂ければと思います。
    それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation