[review] Pizuya’s Cell x MyonMyon – “Nuclear Blast”

01.Yellow Cake
02.Nuclear Blast
03.Death In Conflagration
04.Through The Third Eyes
05.Clarity Green
06.My Fancy
07.Unconciousness Goes Brutal Consiousness
08.Shut mind, Shut down,


C76リリース、Pizuya’s Cell x MyonMyonの東方Project Metal Coreアレンジアルバム。
YAMAGENさんをヴォーカルに迎えて制作された今作、個人的には「遂にやりましたね!」と言いたくなる快作となりました。
これまでもリフはダーク&ブルータルなかなり聴き応えのあるものでしたが、
ヴォーカルという最後の1ピースがはまったことによりMelodic Death/Metal Coreとしての説得力が一気に増した印象を受けます。
そのYAMAGENさんのヴォーカルもグロウルとクリーンVo.を巧みに使い分ける僕の好きなスタイルということで
かなり気に入ってます。
アレンジの方向性も良いです。個人的にメロデスに欠かせないと思っている陰鬱な暴虐性に満ちていて。
特にtr02とBLANKFIELDさんのカヴァーでもあるtr07は凄まじいまでのカッコ良さ。
後者はBLANKFIELDさんのアレンジ自体も大好きなんですが、ヴォーカルの入れ方がまた良すぎる…
イントロのブラストからグロウルが切り込んでくるところやサビの慟哭に満ちたクリーンVo.なんか鳥肌モノですよ。
あとメタルバラードなtr05もアルバムの中では異色ですがかなり良いですね。昏い美しさを体現している気がします。

tr04はDimension Z○roを知ってる人は間違いなくニヤリとすることでしょう…w

1stから聴いてきましたが、間違いなく現時点での最高傑作と言える1作ではないでしょうか?
メタル好きな方は是非に。

-Highlight Tune-
07.Unconciousness Goes Brutal Consiousness
暴虐リフから始まり泣かせるサビへ…という曲展開が堪りませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation