イベント・ライブレポ

今回のツアーのラストとなった東京公演。
前日どころか当日朝になってもテンションが全く上がらず(汗)
どうしようかと思いましたがとりあえず会場に向かいました。
Studio Coastには2月に一度行ってるので道は全く問題なし。
で15時丁度に会場前に到着したところ見えたのは人 人 人。
凄い人口密度でした。
みんな頑張るなぁ〜とか達観した態度で人の波を暫く眺めてましたw
着いてから30分ほど待って物販が開始されましたがあまりに凄い列&スタッフの捌きが微妙なので僕らは離脱。
つかもともと僕はパンフもTシャツもリストバンドも買うつもりなくてですね。
物販の時間に来たのも某氏がパンフ買うと言うので付いていっただけなんですね(ヲイ
某氏も列の長さとパンフの値段を見て買うのやめましたしw
この時点で僕らのやる気のなさが伺えますね。
開場は17:30ってことで暫く駄弁って過ごしました。
で、17:20頃から入場口付近に人を入れ始めました。
整理番号関係なしに詰めさせていたので抽選だし整理番号は関係ないのかな?と思っていたんですが甘かったw
で、やっと入場開始となるわけですがここから波乱が始まりました。
開場時間を30分ほど過ぎた18:00頃にスタッフの方がこう仰ったのですよ。
「整理番号1〜5番の人は前に来てくださーい。」
・・・は?今、何と?
これだけ整理番号関係なしに詰めといて結局整理番号順に入れるんですか?
しかも5人区切り?
なら最初から整理番号順に並ばせろよ・・・っていうかそれが常識でしょうが。
18時頃から入場開始して20分で200人しか入ってないという有様。
スタッフの皆様全員で何人いるか分かってます?2000人超えてるんですよ?
この手法(とも言えないようなお粗末なもの)だと入場に優に2時間以上を要する気がするんですが。
列整理やったのがジェネオンの人かスリーナインの人か知りませんが効率以前の問題です。
人間理性と知能ってものがあるんですからちったぁ考えて欲しいですね。
実際は人が入るにつれてこの方法でも効率上がるので1時間30分くらいでほぼ全員入りましたが
こんなお粗末な入場整理(つか整理してませんね)初めて見ましたよ・・・
こんな入場整理してる時点で東京公演は失敗と言っていい気がします。
↑のようなことがあってただでさえ低かったテンションがこれ以上ありえないくらい低くなったわけですが
ともあれ入場しドリンクをオーダー。ちなみにジンジャーエールを頼みその場で消化。
友人2人に比べ僕の方が300番ほど番号が早かったので中で合流し1階に陣取ります。
行く前は後ろでもいいや〜と思ってたんですがいざ入るとせっかくだから前に行こうと思ってしまったのは悲しい性w
公演が始まる前に非常に疲れましたが何はともあれ19:45頃にライブが始まります。
ではここからはセットリストと共に。
01.Introduction
まぁ最初はこの曲ですわな。
インストの導入曲なので大音量で流す必要ないはずなのに妙に大音量。
この会場音響かなりいいんですからもうちょい考えた方がいいと思うんですが。
02.Asura
さてKOTOKOさん登場。
羽の中では数少ない好きな曲ですw
最後の公演だけあってKOTOKOさん声ヤバめだな〜というのが正直なところでした。
それでもライブの最後まで高音・低音ともしっかり出し切ってたあたりは大したものだと思います。
03.Suppuration
新曲・・・というかパンフの曲ですなw
感想としてはまぁ悪くないけど・・・(ryってところ。
04.疾風雲
お馴染みの曲ですな。
僕はあまり聴いてないんですけど(ヲイ
この辺までドラムが強すぎてKOTOKOさんのVo.が良く聞こえなかったのが残念。
05.冬の雫
CDだとVo.が小さくてなんだかなぁ・・・と思っていたんですがそれが解消されていたのでなかなか。
何だかんだ言ってこの曲も好きなんですよねw
06.Gratitude〜大きな栗の木の下で〜
イントロ聴いて曲名が分からなかった曲第1弾(コラ
曲としてはそこそこ好きなんですけどね。
こうして見ると前半はライブ向きじゃない曲が続いたなぁ。
07.痛いよ
ここからまたーりモードに突入。
まぁ僕的にはここまででも十分またーりだったと思いますがw
この曲のKOTOKOさんの歌い方は微妙に違和感があったり。
慣れの問題だとは思うんですけどね・・・
08.足あと
またーり2連発。
この曲に限りませんがさすがに1回しか聴いてないとツライものがありますなw
09.覚えてていいよ
新曲っつーか11日発売のマキシ収録曲。
予想に反してアップテンポですなぁ。
結構ライブ向きなので曲としては悪くないと思いますが僕がKOTOKOさんに対して求めているものとはちょっと違う気がします。
10.ひとりごと
これまたお馴染みの曲・・・ですが例によって僕はあまり聴いてなかったり(えー加減にせんかい
別に嫌いなわけではないのですが。
11.Shooting Star
一気にギアがトップに入りましたw
暫く聴いてなかったですけどやっぱり心のどこかにはI’veファンだった頃の自分が残ってるんだなぁと認識。
やっぱ名曲っすよ。
振りは頑張ってやりましたがズレてたっぽいですw
ま、楽しめればあとのことは二の次ですよ。
12.β〜粘土の星〜
パンフ付属CDの曲第2弾。
なんかパンフの曲微妙だなぁ。
正直4000円は取りすg(ry
13.Lament
どーも羽バージョンのLamentは歌い方が好きになれません。
LAMENTバージョンのようにもっと重苦しい頽廃的な雰囲気を出して欲しいんだよなぁ。
14.羽
アンコール前最後の曲。
ベースとドラムが強すぎて耳が痛くなりましたがw
ギターが腹に響いてなかなか良かった。
15.Face of Fact
アンコールその1。
つーかアンコール結構引っ張りましたねぇ。
途中まで声が小さかったってことでしょうか?w
まぁ衣装変えの関係でしょうが。
しかしこの曲結構跳べる曲なんですねぇ(笑)
汗かきまくりでしたよw
16.声が届くなら
2回目のアンコール直前の曲はバラードで、と。
余韻の残し方はなかなか巧いな、と思いましたです。
17.Short Circuit
アンコールその2。
多分ジャケ絵のカノン砲に見立てたのであろう水鉄砲持ってKOTOKOさん再登場。
僕も水鉄砲浴びたかったw
Face of Factで頑張りすぎてこっちではあまり跳べなかったのが心残り。
この曲でフィナーレと。
こんな感じです。
基本的に全公演構成は変わってないみたいなのでMCはすっ飛ばしましたw
MCは結構期待してたんですけどそんなに笑えなかったかなぁ。
まぁ僕の場合裕美姉さんやYURIAさんあたりが基準になってるので仕方ないかもしれませんがw
列整理のお粗末さのせいで前半は非常にテンション低かったですがあれがなければ結構いいライブだったんじゃないかと。
ただ盛り上がった曲ベスト3がShooting Star,Short Circuit,Face of Factってのは「羽」とツアー名を銘打ってる以上
どうかと思いますが。
ただ新曲がどれも僕に合わなそうな感じだったので次回以降参加するかどうかは微妙。
そうそう、ライブ中重大発表として次回ライブの日程が発表されました。
12月22日に大阪なんばハッチ、
12月25日に東京厚生年金会館にて行うそうです。
あとは新たなアニメタイアップが決まったとのこと。
作品名は忘れましたがOP、ED両方担当するそうです。
詳細は他のサイトさんのレポ見てください(ヲイ
総評。
まずどの曲も巧くバンドアレンジしたなぁ・・・という感じ。
演奏も申し分ないレベルでしたし。
↑にも書いた通り結構楽しかったんですが、これまで行ったライブがJAM、スパロボ、G.L.Sと驚異的な盛り上がりを見せるライブばかりなので
少々物足りなく感じました。
羽収録曲を始めメジャーの方の曲はどうしても盛り上がれなかったです。
次回は参加しないかなぁ・・・というか参加したら他のファンに失礼な気がするので。
僕みたいに性格がねじ曲がってる人間でなければ十分楽しめると思います、ってことで締めさせて頂きます。

インプレッション

01.青く、果てなく
久しぶりのSHIHOさん曲というだけで感激にむせび泣きそうになりますが(ぉ
タイトル通り果てなく広がる青空を思い起こさせる名曲ですな。
イントロのピアノからの展開といいスケールの大きさも感じさせますね。
歌詞は門司さんらしく色々と考えさせられる詞です。
02.カレイド
他の曲とは雰囲気の違うMARYさんですね・・・これはこれで非常に素敵ですが。
曲としてはポップス調全開かつアップテンポな感じですな。
サビのメロディが綺麗でいてかつ物悲しくていい感じ。
あとイントロのスティールギターがよいアクセントになってると思います。
03.虹の生まれる街
まさに「町」の雰囲気をこの上なくよく表した曲ですね。
全体的に懐かしさと切なさが同居した感じ・・・かな?
アウトロで余韻を残して終わるのもまた良し。
04.Close to you
僕的に非常に好きな霜月さんと烈火さんのツインボーカルです。
70〜80年代のロックっぽい雰囲気。
サビの霜月さんのハイトーンボイスがたまりませんねw
基本的にHR/HM好きな僕ですがこういう大人しめのロックもいいな。
05.Phallusの悲鳴/母の歌
AngelさんがVo.ということでHR/HM路線になるのはある程度予想してましたが
僕の最も好みであるメロディアスハードロック(こんな用語実際にはありませんが雰囲気で察してくださいw)で来るとは・・・脱帽。
ギターのリフがディストーション効きまくっててカッコ良すぎ。
最近ハードロック分が不足してましたし非常に満足です。
06.Close to you – NueroSocietia Mix
リミックスその1。
既に原曲を留めてませんがリミックスって本来そういうものですからね。
基本的にはトランスですがボーカルエフェクターなどを使って色々とギミックを凝らしてるようで聴いてて楽しいです。
07.Close to you – Deep sea Mix by Soshi Hosoi
リミックスその2。
「Deep sea」の名の通り透き通った水をイメージさせる感じのリミックス。
もともと原曲のメロディが綺麗なのでよく合いますな。
総評。
全ての曲について言えることですがメロディがキャッチーでありかつすごく綺麗。
第2弾以降が非常に楽しみになる内容ですね。

インプレッション

01.砂浜は光のフラワー
スティールギター全開の爽やかな曲ですな。
河辺総帥らしい曲。
02.Precious flap
【feel so good!】にもリミックスVerが収録されてましたな。
【朱】、【グリーングリーン】と並ぶNANAさんの名曲。
03.パステルカラーの奇跡
ある意味この曲のためにこのアルバムを買ったと言ってもいいくらいの曲。
裕美姉さんのスタンダード・ナンバーですな。
04.朱
言わずと知れた【朱-Aka-】挿入歌。
朱のVo曲は5曲ありますがどれも雰囲気があって良い。
これでゲームの内容が伴ってれば文句なしだったんだが・・・(ぉ
05.Happy Holiday
feelってGAソングまで作ってたんですかw
まぁGAっぽいそんな曲です。
06.恋愛☆Teacher
NANAさんの曲の中じゃ微妙な感じかな?
タイトルがね・・・(ヲイ
07.my first summer
明るくポップな裕美姉さんらしい曲。
【パステル~】や【チェリーレッド~】ほどのインパクトはないけど
でも良い曲。
08.緋の月
幻想色溢れる曲。
【Sugar Kiss】聴いた時も思ったけどfeelはバイオリンの使い方が巧い。
バラード曲はI’veより好きかもしれない(マテ
09.祈りの歌
曲としてはいいんですけど・・・Vo.が飯塚雅弓というのがねぇ(ぉ
ファンの人には申し訳ないがハッキリ言って好きじゃないので。
10.チェリーレッドのピストル
これも裕美姉さんを語る際に欠かせない曲。
【ヒカリ】とは雰囲気は違えど格好良さという点で共通してる曲。
11.FLASH
なんかユーロビートっぽいねw
聴いてる時に【LUV TO ME】思い出したw
歌詞英語にすればBeatmaniaにそのまま使えそう(ヲイ
パラパラは嫌いだけどユーロはかなり好きなので気に入ってる。
12.機神-Kishin-
短いw
お願いですから歌詞掲載してください・・・(ぉ
13.道標
彩菜さんですよ!(ぉ
曲自体は微妙だけど(コラ
総評。
【feel so good!】よりは数倍良い。
かなり良い出来のアルバムだと思う。
初聴の曲が多かったのも○。
とりあえず買って損はないと言っておきます。

リンク

同人音楽ほか
Maple Leaf / tieLeaf / eleoL / kukui / VAGRANCY / 志方あきこ / Sound Horizon / Sound Horizon(事務所) / CLOSED/UNDERGROUND / 茶太屋 / NueroSocietia / Asriel / Alieson / mimei / Ether / 六弦アリス / STELS806 / REDHEAD / Whisper Records / SWORD OF JUSTICE / CROW’SCLAW / Frozen Frog Band Blog / Demetori / ViViX / Serenade / 埼玉最終兵器 / MintJam / 岸田教団 / MyonMyon / PXP / ぴずやの独房 / Sound skt / Aether / Hellion Sounds / WAVE / encounter+ / リル・プラクティカ / RitaLity / Blueberry&Yogurt / eufonius / Lia’s Cafe / ave;new / dRESS-room / Little Wing / 少女病 / 蒼の記憶 / 雪月 / Soranetarium / Primary / studioCampanella / Turquoise blue / PROMENADE / @ryouki / ABSOLUTE CASTAWAY / milktub / gentle echo / Our Millennial Fair / 水樹奈々 / APPLE Project / PHOENIX Project / Voltage of Imagination / nakaharasuzuka.net / hosplug / Barbarian on the groove / Elements Garden / ZIZZ Studio / Blasterhead / SYNC.ART’S / 感傷ベクトル
Metal/Progre
Dark Tranquillity / Dark Lunacy / Eluveitie / Swallow the Sun / Hanging Garden / Funeral / Draconian / Eternal Tears of Sorrow / Amon Amarth / Disarmonia Mundi / Slowmotion Apocalypse / In Flames / Novembre / Opeth / Riverside / Therion / Amorphis / Scar Symmetry / Mors Principium Est / Ihsahn / Blind Guardian / Kamelot
新潟イタイガース
CRIMSON SKY / Transparent Harmony / セカイノケシカタ / My Favorite Music / CHOCOBOX / ヲタク社会人のおちょめちょめ / SHOT SHELL(仮) / 水瀬産業 / – CrossOverArea – / 超適当なブログ
お世話になっております
キノコ狩り農園 / どーじんおんがく紹介所 / 同人音楽.info / てのりくじら観測所(仮) / retro lyric //, / Static Site / 春待月夢草子 / AFTER GENESiS / 同人音楽にゅ~す / Tom’s音系wareGuide@MTVer / R-Freak’s / Last-Quarter.net / 恒星的愛ve情報局 / Noctilucence / 91B☆Stay hungry, Stay foolish! / 東方阿漕臭(Forest306)
テキストサイト
Eternal Winter / FiRSTRoN / H・L・V / jadeの小部屋 / K-DIARY / nov.pya! / little trip / Erdbeere / Snow Flake / St.Aquarius / SaggySpot / Take it easy!! / Word Of Wind / 乙部ず日記 / ポにゃペぺ堂 / ソラネ堂 / れ・ざむる~ず / YUCIE-NET / 貧乏譚

About

当サイトについて
Site Name:Celestial Symphony(http://stfate.net/)
Webmaster Name:stFate
e-mail:info■stfate.net(■→@に変更してご使用下さい)
業界音楽(ゲーム/アニメ/同人音楽)、ヘヴィ・メタルを中心とした
管理人の好きな音楽に関するニュース・レビューを取り扱うサイトです。
基本的には「自分の好きな音楽を応援する」って感覚で気ままにやっております。
僕と趣味が合う人でなければ面白くも何ともないサイトだと思いますが(ぉ
よろしければお付き合いくださいませ。
閲覧環境
当サイトはSerene Bach 2.20Rにて構築されております。
JavaScript、CSSを用いているので対応ブラウザで閲覧すると幸せになれるかもしれません。
一応Mozilla Firefox 3.0.3、Sleipnir 2.82で動作確認しています。
たぶん一般的な(それなりにシェアのある)WEBブラウザでならまともに表示されているハズです。
リンクについて
当サイトはリンクフリー&アンリンクフリーです。
バナーは↓をご使用下さい。
サイトバナー
ニュースについて
巡回中に管理人が気になった新譜リリースや試聴曲の情報、アーティストさんのインタビュー記事等を
ニュースとして掲載しています。
掲載基準は「管理人が興味あるかどうか」なのでそこはご了承下さるようお願いいたします。
傾向としては
・基本的に同人音楽or同人音楽出身のアーティストに関する情報中心
・管理人がわりと重症なメタル・ファンのため、メタル寄りな音像のアーティストの情報も多め
という風にかなり偏った取り上げ方になっている感ありです。
また、単にニュースを載せるだけでは自分が面白くない、という理由で
それぞれのニュースに必ず何らかのコメントを付けるようにしています。
記事内容によっては信者フィルターのかかってる痛いコメントが散見されると思いますが、
仕様ということで諦めてください(マテ
コメントにおいて、アルバムのリリース情報、トラックリスト等をニュース元より引用する場合がありますが、
これはあくまでも”引用”という意味で当サイトの記事に記載しており、
転載の意図は一切ないことをここに明記しておきます。
その際に引用ということを分かりやすく示すために引用部分はblockquoteブロック内に記述しています。
レビューについて
ニュースと並ぶメインコンテンツとして、買ったCDのうち特に気に入ったCDのレビューを掲載しています。
多少大仰に書いてしまうきらいもありますが、基本は管理人個人の感想なのでその辺りはご承知くださいますよう。
各レビューにつき、トラックリストとAmazonで販売されているものについてはアルバム・ジャケット画像を掲載していますが、どちらも作品の概要を分かりやすく伝えるために”引用”という意味で掲載しており、
特にアルバム・ジャケット画像の著作権は、その作品あるいは商品パッケージに記されている原著作者に帰属することをここに明記しておきます。
各々のレビューにつき1曲ないし2~4曲くらい”Highlight Tune“なるものを挙げていますが、
これは要は”管理人がそのCD中最も気に入った曲”という意味です。
ラジオについて
Transparent Harmony管理人のB-Tide†さんと不定期でラジオを行っています。
番組インフォについては以下のようになります。
・番組タイトル
Piece of Recollection – s-B Talk Session –
・番組コンセプト
パーソナリティ2人による業界音楽を中心としたトークを行うラジオです。
もしかしたら音楽以外の話題(野球とか)も扱うかもしれません。
・放送日程
本番組は毎月~隔月を目標に放送を行う予定でいます。
放送時間はだいたい1時間程度で構成を練っています。
・パーソナリティ
stFate(Celestial Symphony)
B-Tide†(Transparent Harmony)
・放送内容
コーナーとしては以下を予定しています。
フリートーク
#そのままです。適当に喋ります。
Talker’s Impression
#パーソナリティ2人が最近よく聴いてるCDを紹介します。
新作中心ですが、旧作について触れることもあるかもしれません。
Brand-New Releases
#直近リリース(予定)の期待作をピックアップして色々語ります。
何を取り上げるかは当日のお楽しみ(何
特別企画
#必要に応じて突発的な企画を発動させるかもしれません。
・放送方法
ねとらじストリーミングサーバを利用した生放送です。
放送URL:http://203.131.199.131:8030/Piece_of_Recollection.m3u
また、放送後日にアーカイヴを公開いたします。
・リスナー参加
チャットルーム
時間の都合上放送中はあまり反応できないかもしれませんが、お時間のある方は是非お気軽にご入室ください。
・注意事項
無断録音・配布は禁止とさせて頂きます。
また、放送中にインターバルとして楽曲を使用する場合がございますが、
使用する楽曲については全て許可を頂いていることをここに明示致します。
・放送履歴
vol.1:2007/03/11 15:30~18:30
vol.2:2007/07/28 24:00~25:00
vol.3 : 2007/12/23 22:00~24:00
vol.3.1? : 2008/03/15 24:00~27:00くらい
vol.4 : そのうち(マテ
その他
上記コンテンツ以外にもライヴ、イベントレポートやコラム、雑記等を不定期に掲載しています。