[Live] Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert

Revo Linked BRAVERY DEFAULT Concert昼の部に行って参りました.

Linked Horizonとしては初のコンサートだけにどういう形態の公演になるのか
(SHで言うと領土拡大/復興遠征のように純粋に曲を聴かせるのか,Story Concertのように物語性を打ち出すのか,とか)
事前に全く読めなかったですが,蓋を開けてみるとそれは素晴らしい「ブレイブリーデフォルトのコンサート」でした!
リンホラの曲はもちろんBDFFのBGMも惜しみなくセトリにつぎ込んでまさに横浜アリーナにルクセンダルクの地平線を再現.
フィールド曲,バトル曲,大紀行のヴォーカル曲と主要曲はほぼ全部やったんじゃないでしょうか?
曲順もゲームの旅路を思い出させる流れでかつ動と静のメリハリが効いていてとても良かった.

個人的に特筆すべきはティズ,アニエス,リングアベル,イデアのテーマ曲Vocalized4曲と”地平を喰らう蛇“.
各キャラのテーマ曲はCDで聴いた時から思ってましたがヴォーカルの人選が絶妙すぎて.
4曲ともキャラのイメージにピッタリで歌詞と相まって歌の説得力が凄まじい.
特に”雛鳥“のヴォーカルさんのハイトーンはイデアの真っ直ぐさをこれでもかというくらいに表していて目頭が熱くなります.
Revoさんによる”愛の放浪者“もすごくリングアベルらしくて滾る滾る.

地平を喰らう蛇“はまだゲーム中で聴けてないのが悔やまれるところですが,
このヴォーカル陣の生クワイアとフルバンド+フルオケで聴けるとか凄まじい贅沢だな,と.
そのTENSIONが上がりきった流れで聴く”希望へ向かう譚詩曲”もまた格別.

ステージの演出で凄いと思ったのは”花が散る世界“.
雨や散る花びらの演出がゲーム中のあのシーンを想起させて涙なしには観れなかった.
あとオーケストラとバンドの間にある幕が暗くなると紫色になるのはラスダンのアレを意識しているのかな,と思ったり.

他にも”大空を翔ける艇“や”公国の御旗の下に“とかも聴けて嬉しかったし,ホントセトリには120%満足です.
アンコールで某超重力を演ったことについては賛否両論あるみたいですが,個人的にはこういう遊び心もRevoさんらしくて
いいんじゃないかなーと.
Sound HorizonとLinked Horizonの境界線を定義するのはあくまでもRevoさん本人ですしね.

まだ発売1ヶ月強というところでネタバレにはsensitiveにならざるを得ない時期というのもあって
ストーリーにはほぼ触れず”楽曲”にフォーカスしたのもすごく良かったと思いますね.
(開演前に流れていたPVはネタバレ全開でしたが…w)
「ゲームの世界観を再現し,作品世界に浸る」という意味では最高のコンサートだったと思います.

ちょっとコンサート自体の感想からは外れますが,BDFFという作品に対して感じたところを書いてみます.
“Linked” Horizonという名前にもあるように,この作品のひとつのキーワードは”繋がる”というところにあるのかなーと.
音楽のRevoさんやシナリオの林直孝さんといった外部のクリエイターとのコラボにより作品に新しい息吹が吹き込まれたり.
あるいは今までSound Horizonを知らなかったRPGファン,またはその逆,という人達がこの作品を通して繋がっていったり.
そういう,「今まで交わりそうで交わっていなかった地平線」を繋げたこと,がこの作品の醍醐味であり凄いところなのかな,と
漠然と思ったりしてます.
ゲーム中のジョブなんかもFFがメインですがDQの職業からも引用されていたりしてとっても面白いですしね.
この潮流はスクエニの新たなスタンダードしてぜひ続いていって欲しい.
(次はサガ的なシステムとかでどうですかね…w)
と同時にリンホラには今後も「地平線を繋げる」というところにとても期待したいですね.
二重の意味で今後の展開を楽しみにしつつ…とりあえずBD/DVD出してくださいw

01. Theme of the Linked Horizon
02. ルクセンダルク紀行
03. 希望へ向う序曲
04. 光と影の地平
05. 海原を駈ける船
06. 大空を翔ける艇
07. 戦いの鐘 [Long Version]
08. 戦いの果てに [Long Version]
09. 彼の者の名は… [Vocalized Version]
10. 勝利の歓び
11. 虚ろな月の下で [Vocalized Version]
12. 花が散る世界 [Vocalized Version]
13. 水晶の闇と煌き [Concert Arranged Version]
14. 風が吹いた日 [Concert Arranged Version]
15. 緊迫の時
16. 公国の御旗の下に
17. 他愛もない出来事
18. 君は僕の希望 [Vocalized Version]
19. 風の行方 [Vocalized Version]
20. 雛鳥 [Vocalized Version]
21. 愛の放浪者 [Vocalized Version]
22. 純愛♡十字砲火 [Long Version]
23. 邪悪なる戦い
24. 邪悪なる飛翔
25. 地平を喰らう蛇
26. 希望へ向う譚詩曲 [Concert Arranged Version]
E.C. 即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力 [Concert Arranged Version]

[Event] M3-2012秋

例によって行って参りましたM3.
当日の雨が心配されましたがそこまで降らなかったので良かったですね.
前日のLoud Parkの後遺症(←もそこまでなかったですしいつもどーりなかんじ.

ここ数回のM3の特色であるフリースペースですが,今回も各サークルが思い思いに生演奏を繰り広げていてとても楽しかったです.
ただ企業スペースが音出しのルールを逸脱するレベルで爆音を出していて,サークルスペースの音が聴こえにくい状態になっていたのが残念でしたね…
これでは何のためのフリースペースかよくわからないので,次回はなんらかの改善がなされることを期待したいですね.

今回の戦利品は37枚.
Dear FFV-2とかラグナヘイト episode:00 rebootをはじめとして楽しみにしてたCDが多いのでこれからじっくり聴いていきます.

[Live] GATE TO THE UNKNOWN 2012

先週の土曜日にGATE TO THE UNKNOWN 2012に行って参りました.

ICDDBlood Stain Child目当てだった,というか他のバンドは聴いたことない状態だったけど
どのバンドも良くてホント楽しいイベントだった.
Unto Obsessionは良いメロデスやってると思ったし,Hone Your Senseは僕好みのエクストリームな音楽性な上にパフォーマンスも強烈でカッコ良かった.Wacken出演が決まってるだけありますなー.
ARTEMAもキャッチーなメタルコアでとても楽しゅうございました.

で,ICDDですよ.
シンフォニックな要素や語りも含めて凄まじい再現度!
Rib:y(uhki)さんとへるにゃーさんのツインデスVo.がカッコ良すぎた.
第二の退廃世界が目の前で次々と再現されていくのはただただ感動.
初ライヴとはとても思えない強烈なパフォーマンスでした.
アンコールで1stとVaguedge Dies For Dies Iraeの曲を演ってくれたのも嬉しかったなー.
しかしICDDが始まった途端フロア前方の人口密度が明らかに上がったしICDD目当てのお客さんがかなりいたんじゃないでしょうかね?
前の方はだいぶカオスな感じだったけどそれも含めて楽しかった.

トリのBlood Stain Childもライヴで観るのは初.
フロントの女性Vo.はライヴで聴くにはちょいパワー不足な感じはありましたが,演奏はとても良かった.
最前でギタリストの真ん前で観てたのでリフがしっかり聴こえてとても楽しかったです.また観たいなぁ.

そんな感じで最初から最後まですごく楽しめたイベントでした.
エクストリーム系中心ながらもタイプの違うバンドを集めていてライヴイベントとしてすごく面白いなーと.
第2回があるなら次も是非行きたいですね.

[Live] Falcom jdk BAND 2012 Super Live in nicofarre (2012.05.12@nicofarre)

例によってjdkBANDライヴ行ってきました.
第1部と第2部両方参加.

零の軌跡evolution,那由多の軌跡,イース25周年と冠がつきすぎてどういうセトリで来るのか全く読めないライヴだったけど
個人的には今回はかなり楽しめました!
去年の夏冬のライヴと比べてイース曲増量でちゃんと「イース25周年祭り」してたと思うし.
Feena“のヴァイオリン・ソロから”女神たちの囁き“に繋げてくるのなんかすごくアツかった.
あとはなんといってもアレですね,アンコール一発目の”First step towars wars“!
イースといえばまずはこの曲なわけで,やっと演奏してくれた,という感もありますが
これはすごく嬉しかった.
他にもソーサリアンの”遙かなる時を越えて“とかjdkTVコーナーの”LILIA“や”誰かがあなたを愛してる“とか
本編ラストの”パンドラ“とかjdkTVからフィードバックされた部分もあったし,本編のセットリストはとてもバランス良かったと思います.
okajiさんと上倉さんが入ったことによる好影響が形となって出始めたかなーと個人的には見てます.

軌跡曲も,”Get Over The Barrier!“をjdkBANDの演奏で聴けたし,零の軌跡の”Intense Chase“~”Formidable Enemy“~”Inevitable Struggle“のコンボは熱かった.
TO MAKE~とOVER DRIVEからつなげてだったので,体力的には死ぬかと思いましたけどねw
(バンドの皆さんはもっと大変だったでしょうけど)

事前にアナウンスされていた那由多の軌跡の主題歌披露はアンコールで.
本編でじゃなかったのがちょっと意外でしたけど,今回ライヴデュプリがCDなので
発売前の状況でCDに収録したくなかったからかな?とちょっと勘ぐりましたがそれはさておき.
曲としてはZwei2の”ボクラノ未来”を思い出させる感じで「これから冒険が始まる」感のある良い曲ですねー.
那由多の軌跡は個人的には結構期待してますが,さらに期待感が高まりました.

と,今回のライヴは去年の2回のライヴに比べるとかなり満足できました.
が,締めが相変わらず”銀の意志,金の翼”なのはそろそろ変えてもいいんじゃないかなーとは今回も思いました.
小寺さんとイカルスさん両方がメインVo.を張れる曲でライヴの締めにできる曲,というとこれしかないというのもあるかもしれませんが,
そろそろ他の締めのパターンも用意した方が良いかと思うんですよね.
それこそ”パンドラ”の大合唱を締めにするとか.
まぁこの辺は欲を言えば,というレベルの話ですけど.

あとは前回のレポでも書きましたが,やっぱり”ゲーム音楽のライヴ”として見るとインストをもっと聴きたいなーと
どうしても思ってしまいますね.
「jdkBANDのライヴ」という制約のもとだと難しいのは承知のうえですが,ファルコムの名曲でライヴで聴いてみたい曲はまだまだあるので.
第2部のニコ生のコメントで「ザナネクのEvildoerも聴いてみたい」とコメントされていた方がいらっしゃいましたが,
200%同意です.一度jdkBANDの演奏で聴いてみたい.
あとは個人的ファルコムベストチューンの”力の限り”とか.演ってくれたらたぶんガチ泣きします.
ま,こちらも言い出したらキリがない話なので今後に期待ということで.

最後に,ひとつ苦言を呈すとすれば”発◯期”ネタを定着させるのはいかがなものか?と思ってます.
Tシャツの絵柄もそうですし,アンコールにその言葉を使うのは悪ノリが過ぎると個人的には思います.
(第1部のアンコールは普通だったんですけどね…)
この点に関してはそろそろストッパーかけないと危険な気がしています.

ここ数回のライヴと比べて,今回風向きが変わってきた部分がいくつか形となって見えてきましたが,
これが続いていくかどうかが次の焦点ですね.
7月のライヴでどう出てくるか期待しています.

-Setlist-
01. Intro ~ Get Over The Barrier
02. MIGHTY OBSTACLE ~The Wind of Zemeth~
03. Maybe it was fated
04. Feena ~女神たちの囁き
05. 星の在り処 ~bossa nova~
06. 第1部:LILIA 第2部:誰かがあなたを愛してる
07. 遙かなる時を越えて
08. Endless History
09. TO MAKE THE END OF BATTLE
10. OVER DRIVE
11. Intense Chase
12. Formidable Enemy
13. Invitable Struggle
14. セルリアンブルーの恋
15. way of life -Evolution Edit-
16. RELEASE OF THE FAR WEST OCEAN ~I’m here for you~
17. パンドラ
encore
18. First step towards wars
19. 那由多の星の物語
20. Cry for me, cry for you
21. 銀の意志 金の翼

[Live] Dark Tranquillity観てきました

3/27のDark Tranquillity東京公演観てきました.

4年ぶりの来日でしたが今回もすごく良いライヴだった.
Mikael Stanneはやっぱりかっけーなー.

新譜の曲以外にも前回の来日でやらなかった曲をやってくれたのがすごく嬉しかった.
個人的ダートラベストチューンの”Monochromatic Stains”とか”The Mundane and The Magic”とか.
しかし会場の盛り上がりが凄かった.フロアで観てたのもあるかもしれませんが前回よりはるかに盛り上がってたのでは?
“The Treason Wall”のリフ大合唱は滾ったなー.
Projectorからの”The sun fired blanks”と”ThereIn”も良かった.
新譜の曲もライヴで聴くとすごくカッコよかったし90分があっという間でしたなー.

4月はAmon Amarth,5月はAmorphisとフィンフェス,6月はBlood Stain ChildとICDDと楽しみなライヴが続きますが
その一発目として十二分に楽しんできました.また観たい.

当日のセットリスト.

01.Terminus (Where Death Is Most Alive)
02. In My Absence
03. The Treason Wall
04. Lost To Apathy
05. The Wonders At Your Feet
06. The Mundane And The Magic
07. Monochromatic Stains
08. The Sun Fired Blanks
09. ThereIn
10. Punish My Heaven
11. Iridium
12. Zero Distance
13. Icipher
14. Dream Oblivion
15. Misery’s Crown
16. Final Resistance
17. The Fatalist

[news] ShadeさんM3新作試聴

http://shade019.blog99.fc2.com/blog-entry-53.html

ShadeさんのM3新作から試聴が2曲公開されています.
古代さんのカヴァー2曲.

どちらもShadeさんらしい音で良いですね.M3がすごく楽しみ.

[news] GATE TO THE UNKNOWN 2012

http://www.lagoco.com/ICDD2/live/

Imperial Circus Dead Decadanceが6/30に渋谷でライヴやるらしいですよ.
Blood Stain Childも出るそうですし行く以外の選択肢がありません.
楽しみすぎてしぬ.

しかし今年はDark TranquillityにAmon AmarthにAmorphisにSwallow the Sunと僕の好きなバンドが立て続けに来たと思ったら
ICDDもとは…これは僕を殺しにかかってるとしか思えないw