[Live Report] Haruka Shimotsuki Original Acoustic Live 2010~シモツキン収穫祭~

もう1週間以上前になりますがHaruka Shimotsuki Original Acoustic Live 2010~シモツキン収穫祭~に参加してきましたのでレポ的なものを.
ちなみに昼の部参加です.

霜月さんのライヴは何度も観てますが,今回は特に楽しみにしてました.
というのも今回は霜月さんご自身が作曲した曲オンリーというコンセプト,
すなわちMaple Leaf楽曲が多く聴けることが期待できるわけで.
ヴォーカリストとしても勿論ですがコンポーザーとしての霜月さんに強く惹かれている者としては楽しみで仕方なかったです.

で,実際のところは… 最 高 で し た .
↓のセットリストを見てもらえれば分かりますが,特に前半部は僕が聴き始めた頃の懐かしくかつ大好きな曲のオンパレードで
まさに俺得な選曲.
SACRED DOORSとかフシギノモリとか涙が出そうになりましたよ…
始めて聴いてから7年ほど経ちますが全く色褪せないメロですね.
またこの辺の曲はもとが打ち込み主体だけにアレンジも新鮮.
WYRDRADのメンバーによって有機的に生まれ変わった名曲はここでしか聴けない特別なもの.
さらさのパーカスとか美味しすぎました.

コンポーザー/クリエイターとしての霜月さんのあしあとを辿る形の曲順もGood.
ほぼ全て発売当時にリアルタイムで聴いているので,それぞれの曲が出た当時のことを思い返しながら聴き入ってました.
あえてかどうか分かりませんが,ユラグソラとか月追いの都市などの定番曲を外して
普段のライヴでは演られない曲が聴けたのも良かったですね.
一部の曲ではアコーディオンや笛を演奏する霜月さんが見られたりも.

(日程がドンピシャなので予想してた方も多かったとは思いますが)誕生日サプライズもありつつ
定番となりつつあるみちハモで締め.
事前についったで告知されてたにも関わらずお客さんで歌ってる人が少なかった気もしますがまぁ仕方ないかもですね.

霜月さんのソロライヴは毎回「行ってよかったー」と思うものですが
今回は貴重な曲を聴けたのもあり特に強く思いましたねー.
会場がそこまで大きくないのと2列目なんていう良い席を確保できたのもありものすごく楽しかったです.
有給とったのは正解だった.
次のライヴは通常のLv.UPライヴに戻るんだと思いますが,いずれまたこういうコンセプトのライヴをやってほしいですね.

ちなみに夜の部ではセットに結構な変更があり,エルムの丘なども演奏されたようです.
そちらも聴きたかったー.

Setlist
01. 音のコンパス
02. SACRED DOORS
03. フシギノモリ
04. 遠い伝承歌
05. さらさ
06. あしあとリズム
07. LipAura~蒼い花の憧憬~
08. 眠りの果ての蒼い花
09. いのちと約束
10. 忘却の翼
11. 空渡し
12. お姫様と道化師
13. Life
14. 終わりのない旅(曲名自信ない)
15. 導きのハーモニー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation