Celestial Symphony

hoge

レビュー : "はるひぐらし"

2007-02-09インプレッション

01.ひぐらしのなく頃に 02.why,or why not 03.冒険でしょでしょ? 04.ハレ晴れユカイ 05.God knows… 06.Lost my music 07.????????????? (一応伏せておきます。聴いてみてのお楽しみ、ってことでw)style=“clear:left;“>

Vo.に留桜良姫さん、中恵光城さん、アレンジに橋本鏡也さん、あいざわさん、いわまひろゆきさんというGungnir over revさんのメンバーが多いような気がする(笑)「涼宮ハルヒの憂鬱」&「ひぐらしのなく頃に」カヴァーアルバム。 両作品とも原作のファンというわけではない僕としてはTr.01における橋本鏡也さんのヘヴィ・ロックなアレンジを期待して、ってかそこ一点買いでしたが(ヲイ これがめっさクオリティ高い作品に仕上がってるんですよ。 ↑に挙げた”ひぐらしのなく頃に“のまさに90年代ヘヴィ・ロック然とした リフ・グルーヴやエフェクターの多用によりオリジナルにあった柔な部分が一掃され、 怖さや狂気といった感情を持ってグイグイと迫ってくるサウンドと キャッチーなメロディ・ラインとのギャップが堪らないアレンジや、 オリジナルに近い雰囲気ながらピアノ・バラードとして再構築を行っている”why,or why not”、 大胆にもパワー・メタルアレンジを施し疾走感が大幅に増した”God knows…”、 ライヴっぽい雰囲気作りの中まさに”跳ねる”ビートとメロディが心地よいポップ・ロック”Lost my music“を筆頭に 「オリジナルに対するリスペクトを見せながらも独自の解釈を要所要所で絶妙な形で盛り込む」 という理想的なカヴァーになっている気がします。 Tr.7で大爆笑して終わるのもいいですしねw Tr.5、6で聴けるテクニカルなリード/リズム・ギターもメタラーとしては嬉しい限り。 こちらのVerにインスパイアされて某詰合も買っちゃいましたしねw オリジナルの方も気に入っております。 とにかく楽曲・アレンジやヴォーカルなど、総合的な質の高さからリピートを誘発する本作品。 まだ聴いてない方には、ご一聴をオススメします。 楽しめると思いますよ。 -Highlight Tune- ひぐらしのなく頃に 不穏なリフ・グルーヴと狂気を湛えたエフェクター・ヴォイス、そしてそれに乗るキャッチーなVo.がタマリマセン。 やはりダークな音楽というのはこのくらいの説得力を持ってませんとね。 God knows… ゴリゴリのパワー・メタルアレンジに大喜びです(マテ やはり疾走曲はイイですなー…ギターもテクニカルで聴き所満載ですし。