Celestial Symphony

hoge

[diary] gentle echo meeting3

2011-11-26イベント・ライブレポ

11/23(Wed)開催,伊藤賢治さんのライヴgentle echo meeting3に行ってきました.

小学生の頃から伊藤賢治さんの大ファンだったものの,gentle echo meeting1,2は参加できてなかったのですが, 今回はバトル曲オンリーという俺得コンセプト,さらに寺前さん,上倉さん,榎本さんとFalcom jdk BANDのメンバーが3人も参加ということでこれは行くしかない!と思い参戦に踏み切ったわけです. 先に書いちゃいますが,行って良かったと120%思えたすばらしいライヴでした! ではレポ的なものをば.

まず開演前の諸注意. なんと杉田智和さんが担当されてたのですが, 「(撮影禁止とかよくある諸注意,略)これらの諸注意が守られない場合は…アサシンギルドが動きます!ジャミル死ね!」「うぎゃー」 これは爆笑した.開演前からもってかれました.

でライヴ本編. ギタフリ,ドラマニの2曲から始まり,前半はわりと最近の曲メイン. 失礼ながらサガ,聖剣以外の仕事は限定的にしか追ってなかったので知らない曲が多く少し戸惑ったのが正直なところ. イトケン節なメロディは随所にあって,知らない曲ながらも滾れましたがー.

ギタドラ->デビサバ->バレットソウルと続けたところでイトケンが, 「ここらで歌物を2曲やってみたい」と発言が. LEVEL∞とかをゲストヴォーカルでやるのかな?と思いきやまさかの イ ト ケ ン 本 人 に よ る 歌 唱 . 正直かなり驚きでしたが,ソロライヴならではの試みってことで面白かったです. 歌モノ2曲やったところで前半部終了.ここで15分休憩.

前半も十分楽しめたものの,やっぱりバトル曲オンリー,しかもこのバンド編成となると サガファンとしては「あれ,サガの曲は…?」とこの時点では少し不安がよぎりました. 後半は入ってくるかなーと思いつつ公演再開を待っていると,イトケンが再登場しキーボードの前に. そして弾き始めたメロディは…

Battle#5!!!俺の嫁じゃないか!!!!!!!

この展開は予想しなかっただけに一気にテンションアガットですよ! 他のメンバーもステージに戻り,ピアノソロ->バンドアレンジくるかー!?…と思いきや 上倉さん「イトケンさん,そろそろいいですか…?」 ちょ,そこ止めちゃうんですか!? バンドアレンジで聴きたかったなぁ…まぁピアノアレンジという形で演ってくれただけでもよしとしますか.

で,直後のイトケンの一言「サガやるよー」でもうテンションMAX. ここから名曲の大連携が始まります…!

まずはGBサガ2より"必殺の一撃"~"死闘の果てに". バンドアレンジKAKKEEEEEEEEEEE!寺前さんのギターも唸りまくってて最高.

続くはロマサガ2より"七英雄バトル". 寺前さんがアコギに持ち替え,イトケンが得物のショルキーを上倉さんに渡して,ご自身はキーボード演奏という編成での 原曲とは一風変わったソフトで優しいアレンジ. これがすごく良かった.熱い演奏ばかりなところにクールダウンにもなりましたしね.

さて,ロマサガ2とくれば次は…そう,アレです. 小学生の頃から何百回,何千回と聴き続けてきたあのイントロが流れ始める.

四魔貴族きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

誇張抜きでガッツポーズしちまいました. この曲を生演奏で,しかも寺前さんのギターで聴けるとか…まさに長年の夢が叶った. 原曲に忠実にありつつもバンドサウンドで厚みを数倍に増したアレンジも神. ああ,生きてて良かった…w

さらに間髪入れずに四魔貴族バトル2につながる演出もすごく良かった. SFCの音源ですらメタル臭が十二分に漂っていた曲がガチのメタルに.熱すぎる. さらにその後"ラストバトル"とベストすぎる流れ.

続いてミンサガのターン. "戦いの序曲"~"Believing My Justice"と続いて名曲"決戦! サルーイン"で本編締め.

アンコール…というか「イートーケン!」コールの後はミンサガの残る名曲"呼び醒まされた記憶". これもめっちゃ熱かった.ミンサガの突進メタルアレンジ完全再現. その後【Re:Birth】より"マナの嬰児"と"戦闘2 ~勇気と誇りを胸に~"をやって大ラス. ラストが戦闘2なのは個人的にはすごく良かった.大好きな曲なので. ただ欲を言えばヴァイオリンも生だったらさらに良くなっただろうなぁ…と. Re:Birthのアレンジは弦が肝だと思っているので.

休憩含め約2時間45分ほどの公演. サガバトル曲で聴きたい曲はほぼ全て聴けたので大満足ーな1日でした. 欲を言えばサガフロからも1曲バンドで演ってほしかったですが,そこまで望むのは贅沢というものですね. ロック/メタルの編成でキーボードがセンターにいるというのもコンポーザーさんのライヴならではで面白かった. ショルキーを装備してセンター前面に立つイトケンはカッコ良かったです. 手で指揮っぽいジェスチャをするあたりもクラシック畑の人らしくて興味深かった. ただ敢えて言うとすればオールスタンディングの方が更に盛り上がったのではないか?と. 熱い曲ばかりだったので,スタンディングで騒げた方がさらに楽しめたんじゃないかと思います.

イトケンはこういうコンセプトのライヴは「最初で最後」ということを仰ってましたが,そう言わずぜひもう一度やってほしいですね. その時はバトル曲に限らず「サガライヴ」みたいな感じでやってくれるととても俺得. 散々ネタにされていた"下水道"とかも聴いてみたいしw あとMCであったようにサガシリーズの"本気の"新作や浜渦さんとのコラボとかも期待したいですね.

やっぱりサガは最高だ!

### Setlist ### # 前半 1.Shake and Shout!(GuitarFreaksXG/V7&DrumManiaXG/V7) 2.OVER THE LIMIT!(GuitarFreaksV6&DrumManiaV6) 3.絶体絶命(デビルサバイバー2) 4.運命への挑戦(デビルサバイバー2) 5.セプテントリオン(デビルサバイバー2) 6.金城湯池:ステージ5(バレットソウル-弾魂-) 7.奸人之雄:ラストバトル(バレットソウル-弾魂-) 8.LEVEL∞(長谷川明子) 9.明星に生まれし、影の闇へ(DystopiaGround)

後半

10.Battle 5(サガ・フロンティア piano solo) 11.必殺の一撃(SaGa2) 12.死闘の果てに(SaGa2) 13.七英雄バトル(Romancing Sa・Ga2) 14.四魔貴族バトル1(Romancing Sa・Ga3) 15.四魔貴族バトル2(Romancing Sa・Ga3) 16.ラストバトル(Romancing Sa・Ga3) 17.戦いの序曲(Romancing SaGa -Minstrel Song-) 18.Believing My Justice (Romancing SaGa -Minstrel Song-) 19.決戦! サルーイン-Final Battle with Saruin- (Romancing SaGa -Minstrel Song-)

Encore

20.呼び醒まされた記憶 -the Battle with Sherah-(Romancing SaGa -Minstrel Song-) 21.Re:Birth-マナの嬰児(聖剣伝説DS CHILDREN of MANA) 22.Re:Birth-戦闘2 ~勇気と誇りを胸に~(FINAL FANTASY外伝 聖剣伝説)