Celestial Symphony

hoge

自分らしさを大切に、輝く意志を拾い集めて。 東山奈央 - "歩いていこう!"感想

2020-03-14音源感想music

TVアニメ「恋する小惑星(アステロイド)」オープニングテーマ 歩いていこう!

Tracklist
01. 歩いていこう!
02. Last Season
03. FLOWER (アニメ盤収録)
04. Lost Thorn In My Side (初回限定盤&通常盤収録)

奈央さんの曲はとにもかくにもエモい。

アーティスト東山奈央の楽曲に言及する際に真っ先に出てくる感想ですが、 そんな聴いていると感情になってしまう東山奈央さんの新たなシングルが届けられました。

恋する小惑星のOPである表題曲 ”歩いていこう!” はキラキラ輝く夢を追いかける人の背中をやさしく押してくれる歌。 “群青インフィニティ”が聴く人の背中をぶっ叩いて前に進む力を与えてくれる曲だとするならば、 こちらは「自分らしさを大切にして、自分のペースで歩いていけばいいんだよ」とそっと寄り添って夢に向かう人を後押ししてくれる。 ワルツっぽいゆったりしたリズムになったり、サビで疾走感あるリズムになったりと曲中でリズムが細かく変わるのも 「立ち止まるときもあるし、走れるときは走ろう」というメッセージが顕れててとてもよい。 あと歌詞がエモいんですよねぇ…「輝く意志を拾い集めて」なんか「石」と見せかけて「意志」なの名フレーズだと思う。 1番と2番のAメロでリズムパターン変えてるのも萌えポイントです。

カップリングがことごとく強いのも奈央さんの楽曲の特徴ですが、今回もキャラがぜんぜん違う3曲を揃えていてつよつよのつよ。 特に ”Lost Thorn In My Side” と ”FLOWER” がクソぶっ刺さって! ”Lost Thorn In My Side” はライヴでの奈央さんのダンスが楽しみになる曲ですが、 ビート感と奈央さんのクールな歌い回し、そして伊賀拓郎先生のジャジーな鍵盤が超スタイリッシュで聴いてて気持ちよすぎる。 2番と間奏での鍵盤のフレージングちょー好き性癖。

そして ”FLOWER” ですよ!!!!! これぞ奈央さん!というクソエモキラキラロックでイントロ2秒でガッツポーズ。 恋アスのOPは当初まさにこういう曲を想像していたけど、恋アスという作品のどこに焦点を充てるのか、と考えたときに 「未来への歩み」に焦点を充てたのが ”歩いていこう!” で、「この今一瞬の輝き」に焦点を充てたのが ”FLOWER” と解釈しています。 満天の星空がハッキリと脳裏に浮かぶ鍵盤とギターの音色が好きすぎる。 サビで高まりすぎて死ぬやつ。 間奏の伊賀先生の鍵盤の音色もクッッッッッッソエモいです。

追伸: ”FLOWER” はやくライヴで聴きたいです